労働対策推進会

「不当解雇(解雇予告手当、懲戒解雇)・サービス残業等の労働問題支援サイト」


■残業の定義
残業の定義
 
 
残業とは、「会社で定められている所定労働時間を超えた場合」、または「法律で定められた法定労働時間を超えた場合」、両方の意味合いがあります。ここでは、わかりやくするために、残業代が発生する法定労働時間を超えた場合の「残業」について解説します。

 <
残業を命じるためには、次の4つの要件を満たすことが必要です。>
 @労働協約、就業規則、労働契約のいずれかにその規定があること。
 
 A過半数労働組合(ない場合は社員代表)との書面による協定を締結し、労動基準監督署長へ届け出ること。(36協定といわれています。)
 
 B36協定の内容は、厚生労働大臣が定める労働時間の延長の限度に関する基準内(下記の表を参照)とすること。
 
 C坑内労働その他有害業務については、1日2時間を時間外労働の限度とすること。


残業時間には、法律の上限があります。


原 則 1年単位の変形労働時間制
適用の事業場
1週間 15時間 14時間
2週間 27時間 25時間
4週間 43時間 40時間
1ヶ月 45時間 42時間
2ヶ月 81時間 75時間
3ヶ月 120時間 110時間
1年 360時間 320時間


 この限度時間は、上記の表に示した範囲内で定めることが必要ですが、@工作物の建設等、A自動車の運転の業務、B新技術、新商品等の研究開発業務、C厚労省労働基準局長が指定する業務については、適用除外となっています。

⇒ご相談はこちら


Copyright (C) 2005 Roudousuisinkai(WebMaster Takuya Koshima)All rights reserved.
本サイトはInternet Explorer4.0以上、Netscape Navigator4.0以上でご覧下さい。

    無断転載・転写・コピー等を禁じます。著作権情報はこちら