労働対策推進会

「不当解雇(解雇予告手当、懲戒解雇)・サービス残業等の労働問題支援サイト」


■派遣労働者として働くにあたって
派遣労働者として働くにあたって


 派遣労働者として働くにあたっての注意点はなんですか?


 大前提として派遣労働者は、
派遣元との間に雇用契約があるということをしっかりと理解しましょう。派遣先で何かトラブルが発生した場合、それに対処する義務を負っているのは、基本的に派遣元です。
 軽いトラブルの場合は、いきなり派遣先に直接苦情を申し立てるのではなく、派遣元担当者(営業さん)などに相談し、派遣元を通じて対処してもらいましょう。それでも解決しない場合は、
派遣元責任者派遣先責任者に直接苦情を申し立てて解決を図るよう要請しましょう。
 派遣先からの契約解除の通知やセクハラなど重大なトラブルの場合も、基本的には派遣元を通すことになりますが、派遣元と派遣先の力関係は、当然に「派遣元<派遣先」ですので、重大なトラブルの場合は、顧客(派遣先)を失うという理由から派遣元が対処してくれない場合があります。
 派遣労働者の場合、通常の雇用関係よりも複雑な問題を多く含むため、一手遅れると権利を主張出来なくなる可能性も高いので、重大なトラブルがあった場合は、
早いうち(出来ればトラブルが表に出ていないうち)に専門家などに相談するべきでしょう。
⇒ご相談はこちら



Copyright (C) 2005 Roudousuisinkai(WebMaster Takuya Koshima)All rights reserved.
本サイトはInternet Explorer4.0以上、Netscape Navigator4.0以上でご覧下さい。

    無断転載・転写・コピー等を禁じます。著作権情報はこちら